Sponsored Link

世界ネコ歩き2(池袋)は写真撮影禁止?ならばと近所の猫を紹介!

世界ネコ歩き2,岩合光昭,ネコ,猫,ねこ,野良,ネコ飼いたい

以前にも書いたことはあるのですが僕(必死のパッチ)は街で野良猫を見つけると写真を撮るという謎のルールを設けてます。

参照記事:「猫!ねこ!CAT!街で見つけた野良猫をご紹介!

ある日僕のもとに「ネコの写真を撮っている人が展示会をやってるよ」という情報が入ってきたのでライバル?の活動を一目見ようと僕は会場の池袋に向かうことに。

Sponsored Link

「岩合光昭の世界ネコ歩き2」に行ってみた

調べるとその人物は「岩合光昭さん」という方で「ねこの京都」や「ねこといぬ」など動物を題材とした写真展や作品で注目を集めている世界的な動物写真家で身近なネコを40年以上撮り続けているということです。

今回行くイベントはNHK BSプレミアムで放送されている「岩合光昭の世界ネコ歩き」の内容を写真展にしたもので、2015年から巡回し累計来場者68万人以上を動員した大人気写真展の第2弾です。

必死
そこら辺のネコを3年くらい撮っている僕とはいろいろスケールが違う気がしてきました…

なんて考えているうちに会場の「西武池袋本店別館2階」に到着▼

 

まず最初に会場に併設された「ねこグッズマーケット」に行ってみます!(こちらは入場無料)▼

 

めっちゃ賑わっていますね。やっぱりみんなネコが大好きなんです。▼

 

岩合光昭さんのオリジナルグッズはもちろん販売されています。▼

 

写真集や書籍関連▼

 

そして数えきれないほど多くのネコグッズ▼

 

ネコ好きな方でしたら見るだけでも楽しめると思いますよ。▼

 

続いて展示会へ。受付で一般料金の500円を払い説明を受けている時に初めて気付いたのですが…▼

 

撮影NG!なんてことだ…

「岩合光昭の世界ネコ歩き2」はエントランスに飾られた一部の写真以外は撮影禁止になっています。

ちなみにエントランスの写真はこちらの3点▼

 

 

 

岩合光昭さんからのごあいさつ。ネコへの愛を感じます。

必死
とはいえ写真がないと記事として成立しないので今回は僕が撮りためた野良猫たちをご紹介していきます!

ネコ!ネコ!ネコ飼いたい!ご近所ネコ歩き

「岩合光昭の世界ネコ歩き2」ではニューヨーク、チリ、リオデジャネイロ、スペイン、スコットランド、アムステルダム、モルドバ、アラブ首長国連邦、スリランカ、バリ島、瀬戸内海と

岩合光昭さん世界中が世界中を旅して出会ったネコを撮影しているのですが「必死のパッチのご近所ネコ歩き」は僕の自宅付近(井の頭公園周辺)限定になります。

必死
これで勘弁してください。

①前回の記事にも登場した出会う率No.1の猫。いつもの場所でこんにちは!▼

 

別日にもいました。というかほぼ毎日出会います。▼

 

②こちらも前の記事で登場したいつも決まった時間に同じ場所にいる猫▼

 

毎日ここでじっとしています。▼

 

③こちらもまた前の記事に登場した宝物を隠していた猫。この日もばっちり睨んでます。▼

 

しばらく睨むと満足したのか帰っていきましたww▼

 

④またもや前回も登場した未来の方角を見つめる猫。今回は最初からこちらをガン見…▼

 

⑤お腹を空かせていた猫。サラダチキンをあげると美味しそうに食べていました。▼

 

⑥どこか人間臭い表情をした猫。▼

 

つぶらな瞳が人間っぽくないですか?▼

 

⑦個人的にお気に入りの写真。ポストの上で休憩中▼

 

気付かれてしまいました!▼

 

⑧道路を横切ろうとする猫。危ないですよ!▼

 

(車が来ていないか確認して…)▼

 

ビュン!(おっと!危ない!)

 

(チッ!)

 

去って行きました…▼

 

⑨暗闇に潜む猫。どこにいるか分かりますか?▼

 

(ギラリ)▼

感想

ネコって不思議な魅力がありますよね。人の心を見透かしたような表情をすることもあれば一転異常に懐いてきたりする可愛い一面もあります。

「岩合光昭の世界ネコ歩き2」の写真を見ると世界広しといえどもネコのあの自由な感じは共通なんだと感じました。

今後も引き続き周りの人たちにはネコ嫌いを自称しながら大好きなネコたちを撮り続けようと思います。

やっぱりおまえは元人間だろ。▼

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です