Sponsored Link

ロックインジャパンの観覧車から見える景色がヤバイ件【画像】

ロックインジャパンフェスティバルは国営ひたち海浜公園で毎年夏に行われている。

そんな、ひたち海浜公園にはプレジャーガーデンという遊園地エリアががあるのをご存知だろうか?
しかもその遊園地、なんとロックインジャパン開催中も営業しているのだ!(一部アトラクションを除く)

その中でも目につくのはやはり観覧車だろう。

ロックインジャパンの翼入場ゲートを潜ってGRASS STAGEに歩いていくとでっかくそびえ立っている。
さらに、夏の野外フェスは炎天下のもと行われるがその観覧車は冷房がきいているもんだから乗るしか無いじゃん?

Sponsored Link

観覧車から見たロックインジャパンがヤバすぎww

観覧車への乗り方はまず観覧車真下にある「のりもの券うりば」で券を購入する▼

 

この感じなんか懐かしい▼

 

観覧車乗車料金は600円。100円券が6枚綴りでもらえる▼

 

大観覧車の正式名称は『フラワーリング』だ。覚えておこう!▼

 

こんな日に観覧車乗るの自分だけかと思ってたけど結構フェスTシャツ着た方が並んでいたのには驚いた▼

 

本日36℃の炎天下の中で「冷房中」の文字があれば乗りたくもなるか▼

 

ドキドキ(そういや観覧車乗るの19歳の時にお台場の観覧車に乗って以来だ)▼

 

はい、乗りました▼

 

これは中々の絶景になってきた▼

 

さらに広範囲のショットがこちら▼

自分がこんな人混みの中に居ると思うとまじかよっ!って思うけど
実際さっきまでこのうじゃうじゃした中に居たと思うと不思議である。

さらに観覧車から見えるステージは

BUZZ STAGE▼

 

反対側を除くと
PARK STAGE▼

 

HILLSIDE STAGE▼

結構いろんなステージが俯瞰で見れるの楽しいやん。

まとめ

今回ロックインジャパンに参戦しつつも大観覧車フラワーリングに乗ってみて思ったのは、
休憩するのに最適なアトラクションということだった。

涼しい空間でロックフェスの会場とオーディエンスを一望できるのはある意味ロマンチックなのかもしれない。
ちなみに僕は観覧車が1/4を回ろうとした時に自分が高所恐怖症だということに気づきカメラのレンズが除けなかったぞ。

 

フラワーリングのりもの情報

ご利用料金:600円
所要時間:約15分
1人でもOK:小学1年生以上
付き添い同乗でOK:0歳~小学1年生未満 ※付き添いは16才以上となります。
年齢・身長制限:なし
定員:240人(6人乗×40台)
全高:65cm

 

音楽ライブを楽しむだけでなく人を見るのもフェスの楽しみなのかもしれない。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サノ発電機

『おもしろメディアクリエイター』元地下芸人。映像制作をやる。Webサイト制作もやる。コンサルタントもやる。 そして、ライターもやる。 「難しいことはわかりやすく、わかりやすいことは面白く、面白いことは深く」がモットー