Sponsored Link

実際に来た営業メールを添削してみた【文例集】

営業メール

WEBサイト運営をしていると、お問い合わせからさまざまな営業メールが届く。

そのアプローチの仕方はいろいろあるが、相手側は何らかのメリットが見込めると判断した上でこちらにメールをくれているわけだ。

そこで今回は、つい最近来た営業メールがなかなかおもしろい内容だったので、それを文例として勝手に添削していこうと思う!

Sponsored Link

実際に来た営業メール文例

営業メール

こちらが実際に来たメールだ。

わりと長い文章を送ってきていただいている。

この文例を誠に勝手なが添削するとこうなる↓

営業メール
サノ発電機
じゃ細かく見ていこうぜ!

タイトル名が無い

まずタイトルが無いというのは如何なものかと思う。

こちらのメールを開封する労力を考えたら、タイトルである程度本文で書かれている内容がわかるようなライティングをすると、心理的ストレスは無くなるだろう。

サノ発電機
見逃しちゃうかもだぞ!

テンプレ文章

次に下記の

ラベル名

KUZNEWS
のブログ主さん、はじめまして!

こちらのブログを拝見させていただいて

の文章がめちゃくちゃテンプレ感漂っている!

サノ発電機
”こちらのブログを拝見していただいて”の次に結論を先に述べて欲しいのよ!

テンプレを否定するつもりはないが、こっちはライターとして文章を扱うシゴトをしているので、そういうとこ敏感なのだ。

あと、「いきなりメッセージを送ってしまい、申し訳ございません。」ってやつだが、いきなりメッセージを送ることを申し訳なく思っているならタイトルでどういった趣旨のメールか書いて欲しい。

記事を褒める

営業テクニックとしては、まず相手を褒めるのは常套手段である。

それはブログサイトである場合、記事を褒めるのが一番信用を得るのに効果的だ。

事実この方はしっかり褒めてくれている。ちなみに褒められているのはこの記事↓

【逆に主張したい】僕が会社の忘年会を好きな3つの理由

サノ発電機
満更でもないぜ!

なので、ここの部分については交渉がうまいなと感じた。

向こうの条件だけを押し付けてくる業者の方もいらっしゃるので…(汗)

本題が唐突すぎる

一通り褒めたあとに、唐突に本題に入っているが早すぎる。

こちらとしてはちょっと褒められたからと行って、それだけで相手を信用するほどアホではない。

信頼関係を構築する前段階でいきなりセールスっぽい雰囲気を出すのは早い。

サノ発電機
僕はここで拒否反応が出てしまった。

決めつけが過ぎる

ここからはもうセールス文章のパートになっているためこっちの気持ちが置いてけぼりだ。

サノ発電機
もっと他の記事も褒めてよ!

という承認欲求には応えてもらえず、またテンプレ感漂う文章が続く。それになぜかブログにアクセスが集まっていないことを前提に話が進んでいる。

商品の紹介(ベネフィット提供)

あとは自分のサイトに誘導するためにこちらの得になるような情報を書いている。

サノ発電機
まあ営業メールとはそういうものか

思うこと

個人的にはこのような営業メールで利益が出るのであればどんどん仕掛けていけばいいと思う。

その際は僕らのような大手メディアサイトではない、個人でサイト運営をしている層をターゲットにしたほうがいいので、その狙いは悪くないだろう。

ただ、今回偉そうに辛口で添削などしてみたが、なぜこんなことをしたかというとうぜぇからである(笑)

その苛立ちをエンタメに昇華させるために今回ネタにさせてもらった。ありがとう。

結論

記事を褒められるのは嬉しい

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サノ発電機

『おもしろメディアクリエイター』元地下芸人。映像制作をやる。Webサイト制作もやる。コンサルタントもやる。 そして、ライターもやる。 「難しいことはわかりやすく、わかりやすいことは面白く、面白いことは深く」がモットー