Sponsored Link

いつのまにか、ここにいるの感想|齋藤飛鳥の同窓会にいた同級生のガヤがやばいw

乃木坂46のドキュメンタリー映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』を鑑賞してきた。

そんなに乃木坂のこと知らない僕でも、ドキュメンタリーの作り方が一種のプロモーションビデオのような作品になっていて感動が芽生える場面もあった。

しかし、今回の感想はその中で齋藤飛鳥さんが地元の同窓会に参加した点について触れていきたい。

あれが一番の衝撃だった。

Sponsored Link

乃木坂映画「いつのまにか、ここにいる」の感想

乃木坂のドキュメンタリーはいくつかの”章”で構成されて、前半は西野七瀬さんの卒業までのストーリーが主軸となり、その過程でメンバーの思いとストーリーが描かれていた。

なかでも与田祐希さんをフィーチャーしている部分がかなり目立っていて、すごいプッシュされている雰囲気を感じ取ってしまったけど、ファンにとっては西野七瀬さんと与田祐希さんの関係性はなにか特別なものにみえるのなら全然OKだろう。

いつのまにか、ここにいる,感想,齋藤飛鳥,同窓会,同級生

引用元:乃木坂欅坂アイテムナビ

個人的には、4期生のお見立て会から乃木坂46バースデーライブでのステージパフォーマンスを見守る現メンバーを観ていてちょっとうるっときた。

人の成長を描くアイドルドキュメンタリーにおいて1期生は0から育っていくのを見守る面白さがあるのに対して、すでに完成されたものの中に入って奮闘するアイドルを見守るのは、新たな成長劇を見せてくれる。だから引き込まれる。

今回4期生のストーリーでそれを感じることができた。

いつのまにか、ここにいる,感想,齋藤飛鳥,同窓会,同級生

引用元:OKMusic

衛藤美彩さんもそのへんについてコメントしていたし、1期生の彼女が4期生のことを気にかけているのもまたGOOD。

そして、後半になるにつれて齋藤飛鳥さんがメインな展開になていく。

齋藤飛鳥の同窓会に出席

いつのまにか、ここにいる,感想,齋藤飛鳥,同窓会,同級生

引用元:モデルプレス

ここからが今日一番話したい感想。

齋藤飛鳥さんが成人式に参加した様子をカメラで追う章があったんだけど、「あ、国民的アイドルも普通に地元の成人式出るんだ」というのが最初の感想だった。

東京都の葛飾区が地元の齋藤飛鳥さんは、当初は式に出るつもりがなかったが母親から「成人式でないの?」と言われたことがきっかけで出席を決意。

ただ、一般参加席ではなく2階の関係者席での式となった。式が終わったあとは、会場の外で誰かと話すこともなく車の中から知り合いを探す。

いつのまにか、ここにいる,感想,齋藤飛鳥,同窓会,同級生

引用元:symphony-hills.com

もちろん、混乱を招くと判断したうえでそうしているんだけど、驚いたのはその夜に本人から「同窓会に参加してみたい」という申し出があったこと。

このドキュメンタリーをスタートから鑑賞していたら、絶対に同窓会に参加しないタイプの人間であることはわかる。だって一人でいるほうがいいって言ってるし、極度に人を避けてるわけだからね。

なのに参加するんだから人って変わるものだ。

齋藤飛鳥の同級生のノリにヒヤヒヤ

実際に会場に着いた時に「え、マジで参加すんの?」って思ったけど、マジで参加してた。

成人式のあとに同窓会参加した経験がある方なら想像つくと思うけど、あの空気感の中で齋藤飛鳥が登場したんだよ。やばいよね。

こんな感じの畳の会場で▼

いつのまにか、ここにいる,感想,齋藤飛鳥,同窓会,同級生

※イメージ

本人はソフトドリンクで乾杯をして影の方でひっそりと同窓会の行く末を眺めていて、カメラに話しかけるのが精一杯といったところ。

けど、同級生の中にはバリバリに酔っ払っている人もいて、最悪トラブルを起こしそうな雰囲気も漂ってた。

※イメージです

中でも一番ヒヤヒヤしたのは、酔っ払った体育教師の先生が壇上で締めの挨拶をする際に、齋藤飛鳥さんへ一言もらいに行った時だった。

もちろん先生も酔っ払っているので、こうなるのも時間の問題だと思っていたけど彼女にマイクが渡った瞬間、

同級生の口から

いつのまにか、ここにいる,感想,齋藤飛鳥,同窓会,同級生

 

というドリンクを一気飲みさせるためのヤジが出たのはヒヤヒヤしてた^^;

まあ成人式の飲み会なのでそんなヤジがとんでもおかしくはない。

しかし、その後に仲間内の誰かが

「やめろ~!」「炎上!炎上!

など冷やかしと笑いもあったので、同窓会のリアルな感じも描かれていた。たまたまレコード大賞を2年連続で受賞したグループの次期エース・齋藤飛鳥が同級生だっただけ。まさにここが一番フェイクの無いドキュメンタリーなんじゃないかと思う。

無難にその場をあいさつで締めて会場を後にした齋藤飛鳥さんだったけど、宴会中に中学時代イケてたんだろうなという風貌の男性が食い気味に彼女に話しているのをみたりすると、ただただ羨ましく思うばかりだった。

結論

「齋藤飛鳥、同窓会に出席してみた」を映像作品にしたら売れる

齋藤飛鳥のキスシーン映画が衝撃的!動画が無いので描いてみた

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サノ発電機

『おもしろメディアクリエイター』元地下芸人。映像制作をやる。Webサイト制作もやる。コンサルタントもやる。 そして、ライターもやる。 「難しいことはわかりやすく、わかりやすいことは面白く、面白いことは深く」がモットー