Sponsored Link

映画『貞子』2019感想!水溜りボンドとファンタスティックカズマがYouTubeすぎるw

映画,貞子,2019,感想,水溜りボンド,ファンタスティックカズマ,YouTube

夏になればホラーコンテンツが盛り上がるのは日本の風物詩だ。

2019年も早速ホラーのビッグコンテンツ映画『貞子』が劇場で公開された。

サノ発電機
怖いのすごい苦手なので、もう予告の段階で心臓止まりそうだった…。

それでもなんとか今回鑑賞し終えたので、感想を綴っていきたいと思う!

今回注目したいのは映画初出演のYouTuber、水溜りボンドと劇中内で清水尋也さんが演じている秋川和真のYouTubeチャンネル「FANTASTIC KAZUMA(ファンタスティック カズヤ)」についてだ。

Sponsored Link

映画『貞子』2019感想

映画,貞子,2019,感想,水溜りボンド,ファンタスティックカズマ,YouTube

引用元:映画ナタリー

映画『貞子』の全体的な感想を言うと、最高にバッドな終わり方をしていてグッドだということ。

サノ発電機
自分でも何言ってるかわからないけど笑

普通のアクション映画なら、和真の役どころは助かるポジションのはずなんだよね。

サノ発電機
ラスト数分間、危機一髪で助かるのが見どころみたいな

でも、「貞子」は”呪い”というやっかいなホラーものなので、助からない。残酷にも呪われちゃうわけ。

それはそれでバッドエンドなわけ。なんだけどここが簡単な言葉でいうとエモいの!

そもそも貞子の設定上、貞子見ちゃったら絶対に助かる術が無い。

だからあの水の中に飲まれていくシーンはもう死不可避なわけよ。余命宣告された花嫁ばりにそれはもうエモいじゃん。

そして、和真が最後に池田エライザさん演じる秋川茉優に「姉ちゃん、ごめん…」と謝罪で終わるのがすごくよかった。

ただ、これだけで終わるのもなんかモヤモヤするなぁ~と思ってたら、最後姉ちゃんの元にちゃんと貞子がやってきて、しっかり呪ってカットアウト。

サノ発電機
このおかげでスッキリした。

それと、貞子といえばやはりテレビから出てくるシーンだと思うけど、実際今回はテレビから出てくるシーンよりもYouTubeにみたてた動画配信サイトの演出が貞子作品の恐怖を駆り立てる内容と非常に相性が良かったと思う。

貞子出演の水溜りボンドを見た感想

映画,貞子,2019,感想,水溜りボンド,ファンタスティックカズマ,YouTube

引用元:映画ナタリー

貞子2019で注目したいのはまず、人気YouTuberの水溜りボンドの2人が出演したこと。

2人の設定は、あるナンパ系YouTuber(?)が配信した企画がバズったので第2段動画の撮影を配信者がはじめるんだけど、その企画自体が水溜りボンドのし掛けたドッキリという内容。つまり本人役出演だ。

まあなんというか、その2人の喋ってる雰囲気が普通にいつもの水溜りボンドのYouTubeな感じなのよ笑。

サノ発電機
本人役だからそれが正解なんだけどね笑

それでもYouTubeならではの、”ちょい役出演”が非常にインパクトあった。カンタさんが「あれ?」みたいな感じでスマホの異変に気づく感じとか本人役だけど”演技”をしているところ最高よ!

このようにしてYouTuberが劇場でみれるということが、素晴らしいことだなと感じた。

カンタさんも映画について下記のようにコメントしている▼

貞子が中田監督によって現代に再び現れたときにビデオからネット動画に変化していることに喜びを感じました。

サノ発電機
同感です!

ただ気になったのは、なぜあの動画に骸骨が映ったのだろうか?

サノ発電機
そこまでの理解が追いつかなかったんだよね汗

ファンタスティックカズマのYouTuber再現度が高い

映画,貞子,2019,感想,水溜りボンド,ファンタスティックカズマ,YouTube

引用元:映画ナタリー

僕が今回一番「あ~いいな~」と思ったのは、ファンタスティックカズマのYouTubeチャンネルの再現度だ。

よく地上波のテレビドラマでもYouTuberの演出やYouTubeっぽい動画投稿サイトをみる描写があるけど、ファンタスティックカズマのYouTubeチャンネルにはマジでリアリティがあったと思う。

編集の仕方や企画の内容、その全体的なクオリティが、大学でYouTubeはじめて1年経ったくらいのやつっぽいのよ。

体張る系YouTuberで、毎度おなじみのギャグフレーズ持ってて、終了画面にアノテーション追加してて。

マジ観察してるやつやん!

さらに、ファンタスティックカズマが心霊スポットに行った動画が削除されてたけど、その動画が

  • 第3者に違法アップロードされているとか
  • 検索結果に出てくるサムネイルの感じとか
  • 動画を再生したときのテレビ番組の違法アップロードでよくみるフレームとか
サノ発電機
これらの再現クオリティが高いのよ。

貞子の監督である中田秀夫さんも下記のようにコメントしている▼

20年前には、『リング』を観た子供たちが夜になるとついていないテレビが怖いと言ってくれたりもしましたが、今回はビデオテープは使いませんでした。今は、誰でも動画を撮る時代。特に人に見せるわけでもなく、日常的に家族や身近な人を撮ったりしますよね

だから「呪いのビデオ」じゃなくて

「呪いの動画」なんだなぁ。

まとめ

今回の作品はネット動画と深く結びついている部分があるので、現代のYouTubeに近づければ近づけるほど、貞子を身近に感じてしまった。

それと劇中で和真がやった焼死事故があったマンションにバズ目的で撮影しに行くという、もしかしたらリアルに誰かがやっててもおかしくない行動を抑止してくれる社会派の一面も持った作品だったかもしれない。

P.S.

ラストの貞子の移動スピード早すぎ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サノ発電機

『おもしろメディアクリエイター』元地下芸人。映像制作をやる。Webサイト制作もやる。コンサルタントもやる。 そして、ライターもやりはじめる。 「難しいことはわかりやすく、わかりやすいことは面白く、面白いことは深く」がモットー