Sponsored Link

破産者マップで知れる情報とアクセス数がエグい!作成の経緯が意外な件

破産者マップ,情報,アクセス,係長

「破産者マップ」というやべぇマップが作られてしまった。

いや、ネーミングからして刺激が強そうな雰囲気しか感じないんだけど、今回この破産者マップに掲載されている情報がエグいので紹介したいと思う。

Sponsored Link

破産者マップってなんなの?

破産者マップとは、官報に掲載された【自己破産者】の住所などをGoogle Map上に反映させて誰でも閲覧できるようにしたサイトだ。

破産者マップ,情報,アクセス,係長

この破産者マップでわかることは、

  • 債務者
  • 住所
  • 官報公示日
  • 裁判所
  • 事件番号
破産者マップ,情報,アクセス,係長

いや、こんなことしてもいいのか汗??

と驚くばかりだが、それよりも自己破産者ってこんなにいるの!!??って驚きの方が上回っている。

破産者マップ,情報,アクセス,係長

エグい!!!!

自己破産者がいることはそこまで珍しいことではないが、普段表立って発言する人もいないので、こういうのをみると社会のリアルが垣間見える。まじで一回自分の目でチェックしてみて欲しい。すごいのよ。

もちろん抗議殺到

当該者からしたら、こんな情報は絶対に掲載してほしくない。

だから抗議の声ももちろんあがっている▼

破産者マップ,情報,アクセス,係長

「名誉毀損で訴えるぞ」という発言もあるが、

自己破産者の情報はインターネット官報を開けば誰でも閲覧可能で情報を取得することができるので、破産者マップはそれをわかりやすくしただけにすぎない。

そのへんが法律上どう判断されるのかわからないけどど、運営者もそうなることぐらいは予測しているはずなので、なんらかの対策はしているのだろう。

また、このようなマップをみると類似サイトとして有名な事故物件情報をマップで提供している「大島てる」が頭によぎる。あのサイトも開設当初は物議を醸して名誉毀損で民事裁判などにもなったが、大島てるが完全勝訴で完結している。

破産者マップはただの悪趣味なのか、それともなにかポリシーをもってやっているのかわからないけど、サイト内には情報の削除要請フォームも設けている▼

破産者マップ,情報,アクセス,係長

 

このように必要書類を用意することで対応してくれるようだ▼

破産者マップ,情報,アクセス,係長

アクセス数が異常

また、このサイトのアクセス数が異常であることを破産者マップのTwitter情報で確認できた▼

1時間で100万アクセス!!!???
そんなことあんの???

1日100万ならまだわかる。けど毎時そんなにアクセス集まったらそりゃサーバーもダウンしますよ。

1日1000万PVがどれくらいすごいかと言うと、タレントの辻希美さんがブログで炎上したときに1日のアクセス300万PVだったと言われるくらいなので、破産者マップは毎日大大大炎上しているようなものだ。

でも確かに、気になる内容であることは確かなんだよな~。

破産者マップを作りたいわけじゃなかった

また、破産者マップのTwitterのプロフィール欄に

破産者マップ,情報,アクセス,係長

係長という名前がある。

これは破産者マップの運営のハンドルネームかと思われたが、このアカウントのツイートによると

破産者マップ,情報,アクセス,係長

まじで係長っぽい。

そして、「係長の立場として~」と前置きを入れて破産者マップを作成した経緯について触れている▼

係長でありながらも、社会に価値提供をしようと行動を起こすことはすごいと思う。

じゃあなんで破産者マップなのかってところだけど(汗)

そこには係長なりの考えがあるのかもしれない。いずれにせよこのサイト、かなり興味ある。

詳細情報

破産者マップ
→ http://www.hasanmap.tokyo/

破産者マップ Twitter
→ https://twitter.com/WMGjqEkelvEtglX

インターネット版官報
→ https://kanpou.npb.go.jp/

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サノ発電機

『おもしろメディアクリエイター』元地下芸人。映像制作をやる。Webサイト制作もやる。コンサルタントもやる。 そして、ライターもやりはじめる。 「難しいことはわかりやすく、わかりやすいことは面白く、面白いことは深く」がモットー