Sponsored Link

まんパク2018の現地レポート!東京・立川が美味しいものだらけの楽園に!

まんパク,まんパク2018,フードフェス

こんにちは!必死です。

僕が一日の中で一番幸せな時間、それはご飯を食べている時。

人間には三大欲求なんてものがあるみたいですがぶっちゃけ近年の僕は食欲の比率が限界値を超えている気がします。

今回は毎食腹十分目まで食べることをポリシーとしている僕にとって夢のようなイベント「まんパク2018」に行ってきたので早速感想の報告をします!

Sponsored Link

まんパクとは

まんパクは今回で8回目の開催となる「誰もが快適に楽しめるフードフェス」をテーマにした食べ物のイベント。

東京・立川の昭和記念公園を舞台に全国の美味しいグルメが集結するまさに食べ物版野外フェス(まんパクの企画制作はロックフェスで有名なロッキング・オン・ジャパンさん)

※ちなみに【まんパク】は【満腹博覧会】の略称。

アクセス

【会場】
国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン(東京都立川市緑町3173)
JR中央線 立川駅北口より徒歩10分/多摩モノレール 立川北駅より徒歩8分
※西立川口(JR青梅線・西立川駅より徒歩2分)からの所要時間は徒歩25分。

まんパク2018に行ってみた

今年の開催期間は2018年5月17日(木)〜6月4日(月)の計19日間。

事前に開催を知っていた僕は当然17日の初日に参加。朝ご飯を抜きお昼前にはJR立川駅に到着。

駅の北口を出ると早速まんパクのスタッフの方が!場所が分からなくても丁寧に教えてもらえるぞ。▼

 

駅前でもらったチラシ。このチラシがあれば17時以降に入場料が100円引きになります。▼

 

立川駅の北口を出て多摩モノレールの方にある大通りを10分ほど歩くと国営昭和記念公園に到着。満腹まであと1分!▼

 

そのまま歩くと入場券販売所があるのでここで当日券(500円)で購入。▼

 

入場券を買うと投票券がもらえます。投票券は後で使うみたい。▼

 

GO!▼

 

まんパク公式キャラクター「ぽぅ」▼

 

会場のマップを確認。肉・海鮮・野菜・ラーメン・餃子・揚げもの・スイーツ・たまエリア・物産、そして今回から登場したチーズの10エリアに分かれています。▼

 

まずは肉を食べたいので最初に選んだのは「炭火焼肉 亞茶」▼

 

「A5ランクおびら和牛うにのせ炙り寿し(2貫980円)」

 

はたしてその味は!?▼

 

美味い!

 

と言っている顔には見えないが本当に美味しい!うにの存在感が半端ない!口の中で溶けるとはこのことか。あと20貫は食べれそうだけどそんなに予算がないので仕方なく次へ。▼

 

次に向かったのは海鮮ブース。「まんパクin万博2017」にて人気グルメランキング総合1位を受賞した「まぐろや黒銀」▼

 

隣でマグロの解体ショーをやっているらしく店の前には頭が置かれていました。▼

 

カウンターには王者の証。▼

 

「トロとろスペシャル丼(980円)」お茶碗大の器に溢れるほどのまぐろ。人気1位の味はどうなのか!?▼

 

美味い!

と言っている顔には見えないが今まで食べてきた海鮮丼はなんだったのかと疑ってしまうくらい美味しかった!東京と大阪に店舗があるそうなのでお近くの方はぜひ行ってみてください。▼

 

まだまだ食べれるので次のお店へ。今回初出店の台湾ラーメン「郭 政良 味仙(ミセン)」▼

 

一番人気の「台湾ラーメン(辛)」(1000円)を注文してみた。見た目からすでに辛そうなのだが大丈夫かな。▼

 

やっぱり辛い!!!

この日東京の気温は30℃を超えておりテントの下とはいえ汗が止まらなくなってしまった。しかし味は抜群に美味い!辛いのが苦手な方は「台湾ラーメン アメリカン (薄辛)」もあるので大丈夫!台湾ラーメン発祥、名古屋の「味仙 (ミセン)」は本格派でした!▼

 

正午を過ぎて暑くなってきたので最後に冷たいものを探しにスイーツブースに。気になっていた「BOOKSHELF CAFE」に行ってみます。▼

 

こちらのお店のオススメ商品はこの見た目が派手な「果実丸ごとスムージー」。パイナップルとグレープフルーツが選べるので今回はパイナップルを選択。(丸ごとで800円)▼

 

中をくり抜いたパイナップルにスムージが入っている!容器代わりになっているパイナップルも冷たくて気持ちいい。まるで南国気分だ。▼

 

美味い!

と言っている顔には見えないが幸せすぎる!このタイミングでこれを食べていないと熱中症になっていたかもしれないくらいこの日は暑かった。▼

 

スムージーを飲み終わっても果実の部分があるのでこれ1つでスイーツは相当満足できました。▼

 

覆面のプロレスラーっぽい人を発見!▼

 

まんパクのグッズも販売されています。▼

 

会場内にはゴミ箱が多数設置されていたのでゴミを捨てる場所に困ることはありません。▼

 

帰る前にアンケートを記入。▼

 

最後に入場の際にもらった人気グルメ投票権を入れます。どれに入れたのかは内緒です。▼

 

ごちそうさまでした!来年も食べにきます!▼

感想

本当はもっと多く食べて感想を伝えたいと思っていたのですが意外と食べれないものですね。あっという間に満腹になってしまいました。

しかしこれこそが「まんパク」。コンセプト通りお腹も心も満腹になりました。今日食べれなかった分は来年にとっておきます。

今回参加したのは平日だったのですが座席も十分に余裕がありゆっくり楽しむことができました。

ただ食レポが下手くそすぎて肝心の味が伝わらなかったと思うので気になった方はぜひ会場まで足を運んでご賞味ください!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です