Sponsored Link

B’zサポートメンバーの一新で元ベース担当のバリーが激怒!→和解?

B'z,サポートメンバー,一新,ドラム,コメント,バリー,シェーン

日本を代表するロックユニットB’zが2019年6月より開催する『B’z LIVE-GYM 2019』のツアーからサポートメンバーを一新することを明かしました。

その発表に伴い長年サポートメンバーの一員としてB’zを支えてきた元ベース担当がブチギレしていると話題になっています。

Sponsored Link

バリーよ怒らないでくれ!俺たちは君を忘れないぞ!

今回不満を表明したのは元ベース担当のバリー・スパークス(以下:バリー)

 

View this post on Instagram

 

Check out “BARKS” to read my interview with the Japanese magazine!! #barksmagazine #internationalartist #Japan #bz #newalbum #bassist #bassguitar

Barry & Alessandra Sparksさん(@barrysparksofficial)がシェアした投稿 –

バリーは2003年、そして2008年からこの発表があった2019年までバンドのベースを担当してきたファンにも馴染み深い人物です。

そのバリーが今月20日に更新したインスタグラムで「私は10年もB’zを支えてきたのに彼らは忠誠を持っていない!」と遺恨のコメントを残しています。

I supported B’z but B’z has NO LOYALTY to us who gave them 10 years of our life and career!Nobu gave almost 30 years! What they did is not nice! I’ve always supported japan especially during the tough times like the tsunami

そして彼らの名曲「Brotherhood」を引き合いにしたのか「fake brotherhood (偽りの兄弟愛)」とコメントする事態にまで発展。

ファンとしては複雑な感情になってしまいますよね…▼

しかし現在は上記のコメントは削除されており「B’zとの日々は驚くべき10年でした!たくさんの感情がありますが、とても多くの素晴らしい思い出があり、お騒がせしたことを謝罪します!みんな大好きです!」という内容のコメントを発表。

バリーがここ数年のB’zのライブ活動を支えていたのは間違いありません。そしてバリー本人もB’zでの活動を楽しみ愛していたのでしょう。ファンは全員彼のことが好きだしこんな別れ方になっても彼を責めるファンは一人もいないと思います。

 

元ドラム担当のシェーン・ガラスも以下のコメントを残しています。▼

 

View this post on Instagram

 

ご存知かと思いますが、新しいメンバー発表の件で、ものすごい愛を皆さんからいただいて非常に心を打たれています。 日本のファンの皆さんには感謝してもしきれません。本当に最高でした!! 僕はB’zというバンドの一員として17年間演奏してきましたが、本当にすばらしい時間を過ごさせていただきました。 日本滞在中は、北は北海道から南は沖縄の端まで日本中を駆け巡りました。 通算約500公演がソールドアウトという、日本屈指の各地のスタジアムで最大規模のツアーに参加させていただきました。 曲も130曲以上を収録し、DVDでは何個かライブに参加し、数え切れないほどのテレビ番組にも出演しました。 本当に感謝しています。 ミュージシャンとしてなかなか経験できることではありません。 でも何よりも、僕が一番心を揺さぶられたことは、刺激的でパワフルな音楽がどれだけ影響力のあるものか、ということでした。 公演毎に、言葉ではとても表現しきれない感情が湧き上がり、ファンの皆さんの顔が生き生きと輝いているのを見てどれだけ感動したことか。 素晴らしすぎでした! 一生忘れません! 一つ明確にしておきたいのですが、今回メンバーを脱退したのは、僕や他のメンバーの意思ではありません。 でも、僕たちはB’zの二人が現時点で新しい事に挑戦したいという思いや、そしてそれは彼らの当然の権利であるという事を尊重しなければなりません。 彼らは僕のとても大切な友達であり、ブラザーであり、彼らがどんなことをしていこうとも、これから先ずっとサポートして行こうと思います。 愛をこめて ~シェーン~

Shane Gaalaasさん(@shanegaalaasofficial)がシェアした投稿 –

寂しいぞ。

感想

B’zはギタリストの松本さんとボーカルの稲葉さんのユニットではありますがサポートメンバーも含め一つのバンドとして見ているファンがほとんどだと思います。

過去30年間の活動で何度もサポートメンバーの変更を行っているのでいつかこんな日が来るのは覚悟していましたがいざ彼らがいなくなると思うと寂しいものです。

と言っても彼らの個々の実力は本物。B’zとしての活動は終了しても他で活躍するはずなので彼らの今後に注目ですね。

 

今までB’zを支えてくれてありがとうございました!▼

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です