Sponsored Link

CHAI(バンド)のタメ口動画が可愛らしいぞ!タモリさんも許してくれるレベル!

CHAI,タメ口,バンド,Mステ

CHAIというバンドがめちゃくちゃかっこいいなと最近思うんだけど、調べていくうちにMステでタモリさんにタメ口をきいたことで一回炎上してるらしい。

CHAI,タメ口,バンド,Mステ

がしかし!

CHAIが出演している他の番組の動画をみると別に炎上するほどのことでも無いように感じたので、今回はそんなCHAIのタメ口について触れていこうと思う!

CHAI(バンド)

CHAIは「NEOかわいい」をコンセプトにしているマナ・カナの双子姉妹を中心とした女性4人組のバンドだ。

どんな音楽かというとコンプレックスを武器に音楽を通して訴えかけるゆるめなやつらと言ったところだろうか。

MVをみればそのゆるさとメッセージ性が受け取れると思う▼

サノ発電機
あ~なんか聴き続けるとハマりそう

事実、音楽業界からかなりの注目度を集めていて

実績も

  • SpotifyのUKチャートTOP50に代表曲「ぎゃらんぶー」がランクイン
  • 『グランプリ、いきなり米国フェス出演オーディション』グランプリ受賞
  • 全米8都市ツアーを成功

という感じでなんかすごいぞ!CHAI!!

コンプレックスを最大の武器にして戦っているため、ネット上ではブサイクという声が異常なほど集まっているけどそれこそがまさに彼女たちのアイデンティティになっているところをみると

共感度抜群やん!!

これはコンプレックスを持っている人からの支持率高めだろう。

Mステでタモリさんにタメ口事件

そのブレイクしているCHAIは2018年の5月にMステに出演していた。

しかし、初登場でタモリさんに「NEOかわいい」のコンセプトを伝える場面で

「あのね、NEOかわいいっていうのは、CHAIがそもそも4人ともすっごいコンプレックスが多くて、見ての通り全然完璧じゃないの。コンプレックスってみんな持ってるもので、コンプレックスはその人の個性でその人にしかないし、でもそれをすごくかわいいと思っていて。だからかわいくない人なんていないと思ってる。そう。だからそれを『NEOかわいい』って言って、みんなをかわいいって言いたいの」

という発言をしたのだ。

サノ発電機
CHAIは愛知県出身で、そのちょっとしたなまりもあると思うけどね!

実際の発言のイントネーションや言い方によっては視聴者の受け取り方も変わってくるかもしれないが、タメ口敏感勢はよくわからない女どもが言い方はどうであれタモリさんにタメ口をきいた事実が許せないため、炎上した。

ハマ・オカモトに対してだと可愛らしい(動画)

けれど、それってもともとそういうキャラでやってるからタモリさんの前でもそのスタイルを通したんじゃないのか?って僕は思う。

じゃあCHAIが出演している他の番組ではどうなのか?

ここにOKAMOTO’Sのハマ・オカモトとLicaxxxがMCを務めるゲストと飲みながらゆるく語る番組「Mellow Down Easy」にCHAIが出演した際の動画があるので一度ご覧頂きたい▼

マナ:見た目の通り全然完璧じゃないし もともとネガティブ出身なんですね

ちゃんと敬語使ってるやん!!

と思うが、

ハマ・オカモトさんは、マナ・カナさんが登場してからこのような質問をした

ハマ・オカモト:まぁ二人は双子じゃないですか?

マナ:そうそう

という感じでタメ口だ。

「そうそう」←これ

「そうそう」はタモリさんにも使って炎上したやつだ。

Mステの動画ソースは無いから確認しようがないけど、「Mellow Down Easy」のようにハマ・オカモトさんに使っている感じでタメ口だったのであれば別に良くね?と思う。

むしろ、可愛い感じしないだろうか?

場所と相手が良くなかっただけ

僕はタメ口ひとつでいちアーティストをどうこう思うことはないけど、タメ口炎上の要因はおそらく以下の2点

  • 相手がタモリさんだった
  • Mステという地上波生放送で事故感が生まれた

というだけのことだと思う。

これが狙いなのかキャラなのかよくわからないし、個人的にはそんなことどうでもいい。

ただ、CHAIの音楽とキャラの支持率は上がったような気がする。

サノ発電機
t.A.T.u.みたいな感じにならなくてよかったやん
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サノ発電機

『おもしろメディアクリエイター』元地下芸人。映像制作をやる。Webサイト制作もやる。コンサルタントもやる。 そして、ライターもやりはじめる。 「難しいことはわかりやすく、わかりやすいことは面白く、面白いことは深く」がモットー