Sponsored Link

映画「ハーミデーター」内容と感想!はみ出るどころか全部丸見え!

ハーミデーター,ターミネーター,パロディ,映画

俺(チキン・ソテージョージ)は暇人だ。KUZNEWSの編集長なんてのはあくまで肩書きで基本的にはずっと家でぼーっとしている。

なので暇つぶしに映画のDVD観ていたら少しづつ映画に詳しくなってきたので今回は俺が観たオススメの映画を紹介していこうと思う。

第一弾の映画はこれだ!

 

ん?見えない?なら寄ってやる!

 

 

今更「ターミネーター」のレビューなんてするな!だと?

 

ちーがーうーだーろー!下のタイトルをよく見てみろ!!

 

 

そうこれは「ターミネーター」ではなく「ハーミデーター」

まあ間違えるのも無理はない。完全に「ターミネーター」シリーズのパクり映画だからな。(といってもポルノの部類に入るのだが…)

「コンマビジョン」というメーカーが展開している「BOOB CITY」というレーベルには数々のエロパロディ映画が販売されているので聞いたことがある人も多いだろう。

「アーンイヤーマン」とか「オッパイダーマン」のあれだ。

なぜこんなアホっぽいものを買ったかというとキャッチコピーがいちいち面白いのだ。ではさっそく紹介していくぞ。

いろいろアホすぎる!これはパロディではなくオリジナルだ!

表紙はこんな感じ。それっぽく作られているのが逆に笑える。▼

 

注目すべきはここ▼

 

ア、アイルビー、ファック!?

これは説明不要だと思うがターミネーターシリーズで登場する名言「アイルビー、バック(I’ll be back)」をもじったものだ。

なんでここに書いたのかわからないがとにかくシュールなのだ。

次はパッケージの裏を見てみよう。※モザイクは自主規制▼

 

 

「股間の武器は、時空を超える!」

「ハリウッドを代表するSF映画の名作、そしてアクション俳優の雄シュワちゃんの代表作が、遂にパロディとなって登場!」

 

股間の武器?時空を超える?なんじゃそれ!?

どうだ!だんだん内容が気になってきただろ?

 

で肝心の「はみ出る」なのだがそれについてはこんな記載が。

 

「世界のイチモツがハミ出る!!」

「カリフォルニア州知事にもなった、アクションスター俳優の主世作として知らぬ者はいないSF映画が遂にパロディとして登場。未来の地球を救う子供を産む運命の女、サラ・コナーを消すために未来から超スケベなサイボーグ殺人兵器が送り込まれてきた。ヤツの弱点はただひとつ、女のプッシー。股間の銃を暴発せずに任務を果たすことが出来るのか。」

 

ストーリー的には結構似ている部分もあるのがところどころオリジナルもあるぞ…。細かいツッコミどころはあるがキリがないのでまあいいだろう。

 

価格は2,800円で時間は100分▼

ざっくりストーリー説明

観ていない人のためにネタバレはしたくないので細かくは書かないがざっと物語の流れを説明すると、

①ハーミデーターがいきなり登場!(全裸)

②偶然登場先で3Pプレイをしていた男女をガン見するハーミデーター(これがとにかく長い)。最後まで見届けた後男2人を殴り倒して女に近づく。(ここでシーンが切り替わる)

③場面が替わりサラ・コナーを探すためにナイトバーに入るハーミデーター。そこで行われていた女性同士のショーをなぜかガン見する(これも長い)

④話しかけてきたサラと名乗る女性(同姓同名の別人)に迫られ抵抗することもなくプレイを堪能するハーミデーター(無表情なのにしっかり仁王立ち)

⑤しっかり最後まで楽しんだハーミデーター。再び場面が替わり部屋で誰かを待つ謎の女性。その部屋に一人の来客、またハーミデーターである。女性用派遣サービスに便乗しサラと名乗る女性(また同姓同名の別人)の部屋を訪れたのだ。またもや最後まで楽しんだ絶倫ハーミデーターだったがここで突然銃を持った謎の男が乱入!女とハーミデーターは蜂の巣にされる(笑)

⑥その謎の男の名前はカイル・リース。カイルもサラ・コナーを探しているのだ。本物のサラ・コナーを見つけたカイルはハーミデーター狙われていることをサラに説明するが彼女は戸惑う。しかしカイルの説得で倉庫に避難。そして案の定倉庫で一発やってしまう。

⑦プレイ終了後倉庫にハーミデーターが乱入!ハーミデーターはサラのSNS情報を頼りに居場所を突き止めたのだ。(サラの凡ミス)

⑧ハーミデーターのパワーに圧倒される2人だったがカイルは持っていた爆弾でハーミデーターとともに爆死する(笑)

⑨サラはカイルを心配する素振りもなく逃げようとするがハーミデーターが謎のCGとなり復活(これが原作並にダサい)

⑩しかしサラの機転によりプレス機に押しつぶされてあっけなく死亡するハーミデーター。(しかし股間のみ仁王立ちして復活)

⑪エンディング

という流れだ。100分のうち45分はストーリーとは関係ないシーンなので俺は1.5倍速〜3倍速で観てしまった。

感想

ぶっちゃけ言うと内容な本当につまらない。一番面白いのはやはりパッケージなので出オチ感が半端ない作品だ。

ターミネーターシリーズが大好きであの作品にエロスを求める人なら一度観てもいいかもしれないが興味本位なら別に観なくてもいいとは思う。

そして、はみ出るどころかすべてが丸見えになっているので視聴する際には気をつけてくれ。

ちなみに邦題では「ハーミデーター」となっているのだが原題は「THIS AIN’T TERMINATOR XXX」

直訳すると「これはターミネーターではありません」

 

うん、知ってる。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です